ミノキシジル1%と5%のリスクの違い

ミノキシジル含有の発毛剤として有名なのがリアップです。最初に発売されたリアップのミノキシジル含有量は1%でした。

しかし、1%タイプではあまり効果が出なかったのです。そこで新たに発売されたのが、現在多くの方が利用している「リアップx5」です。最初のリアップよりも5倍のミノキシジル濃度を誇る、5%タイプになります。

そこで気になってしまうのが、副作用です。1%タイプよりも5%タイプのほうが副作用は出やすいのでしょうか?危険なのでしょうか?

ミノキシジルの濃度が高くなればなるほど副作用のリスクは高まる!

・1%タイプのミノキシジル発毛剤の副作用発症率・・・約5%
・5%タイプのミノキシジル発毛剤の副作用発症率・・・約10%

※大正製薬によって発表されている数字です。

1%やイプのミノキシジルであれば、副作用が起こるのは20人のうち1名程度なのです。しかし、5%タイプになると、一気に10人のうち1名に副作用が起こるような状態となってしまいます。

10%弱といった結果ですが、この割合を高いと感じるでしょうか。低いと感じるでしょうか。

そもそも考えて欲しいのが、リアップは外用薬であるということです。塗布型なので、カラダに与える影響は少ないはずです。主に頭皮にだけ影響をあたえるのをイメージして作られているのです。

一方で、内服薬(経口薬)に関しては、全身に影響を与えます。その場合は、副作用が多く出るのが一般的です。例えば、風邪薬を飲んで、眠くなったことがありませんか?

内服薬は副作用が出やすく、外用薬は副作用が出にくいといった特性があるのです。

・約10%の副作用発症率は高い、と判断すべき

血行に多少の影響を与えて薄毛を改善させる、といったことを主眼においているリアップで、10%近い副作用率は高い、と判断すべきです。身体に大きな負担を与えてしまうことも考えられます。

医薬品の副作用に関しては、長く使っていれば改善されるわけでもありません。カラダに大きな負担を与え続けて、大きな健康被害が起こってしまうかもしれないのです。

そもそもミノキシジルでは死者が出ている

・3名の死亡例あり

開発段階になりますが、ミノキシジルの研究中に3名が死亡した例が報告されています。副作用が少しでも出た場合には利用は中止すべきです。

副作用が続いているのに利用を続けてしまうと、後遺症が残ってしまうかも知れず、非常に危険です。