リアップが65歳以上の方におすすめできない理由

リアップですが、未成年者にお勧めできないことは広く知られています。そもそも副作用が非常に出やすい、といったことが懸念されているのです。また、未成年で男性型脱毛症を発症する確率もそれほど高くないので、リアップを利用しても意味が無い、といった考え方があります。

一方で、リアップについては高齢の方もあまりお勧めできない、といったことを知っているでしょうか。実は、65歳以上の方の利用は好ましくない、とされているのです。

こちらではリアップが65歳以上の方にお勧めできない理由についてお話します。

ミノキシジルの作用が強く出てしまう可能性が高い

・血圧の薬を飲んでいる方が増えてくるため

仕方のないことですが、高齢になるとどうしても血圧が高めになってしまいます。高血圧を引き下げるための薬を利用している、といった方もいるかもしれません。実は、その薬とリアップの効果の相性が非常に悪いのです。

リアップに含まれる有効成分である「ミノキシジル」ですが、もともと血圧降下剤として開発されました。血管を拡張する作用があるのです。血流を良くすることで、髪の毛にたっぷりと栄養が送れるようになります。その結果、髪の毛が生えてくる、といった仕組みを持っています。

しかし、血圧の薬を飲んでいると、効果が効きすぎてしまうこともあるのです。血圧を降下させる作用が強く出すぎてしまい、結果的に低血圧のような状況になりかねません。確かに、飲むタイプの薬ではないので、それほど強い作用が出るわけではありませんが、副作用の確率がアップすることは確かなので、なるべく利用は控えるべきです。

どうしてもリアップを使いたい場合はどうすればよいのか?

・必ず医師に相談すること

かかりつけ医などにリアップを利用しても平気かを相談してください。基本的に高血圧の薬を利用していなかったり、血管や心臓に問題がない、といった方であれば利用可能です。

ただ、年齢的に副作用が出やすい、といったことも覚えておいたほうが良いです。医薬品を飲んでいなかったとしても、低血圧の症状や不整脈が出てきてしまう、といった報告も多くあるのです。

頭皮に問題が出てくる可能性も高くなってしまいます。年齢が高くなると、お肌の保湿機能が弱まってしまうのです。乾燥しているお肌にリアップのような刺激の強いものが塗布されてしまうと、どうしてもお肌の状態を悪化させてしまいます。