リアップによる目の充血の副作用

リアップを利用してから目の充血がしやすくなった、との声が多くあります。こちらでは、なぜリアップを利用することで目に不具合が生じるのか、といったことを詳しく解説します。

実際にリアップを使って、目に問題が出てきてしまった方は、特に注意して下さい。

なぜリアップを使うと目の充血が起こってしまうのか?

・血管拡張作用が目にも影響を与えてしまう

リアップに含まれている有効成分のミノキシジルには、血管を拡張する作用があります。頭皮に塗布することになるので、頭皮と近い目にも一定の影響を与えると考えられるのです。

結果的に、目の血管も拡張することになってしまい、結果として目の充血を招いてしまうのです。

ちなみに血管を拡張すると頭痛が起こってしまうこともありますが、目の充血と頭痛の副作用はセットで起こるケースが極めて多いので、頭痛が起きてしまった方は目の充血も考えられますし、目の充血が起こってしまった方は頭痛が起こる可能性があります。

リアップを目に入れてしまう危険性にも注意

・頭皮からタレて目に入ってしまうことも

リアップは頭皮に塗布することになるので、おでこまで垂れてくることは良くあります。特に生え際対策としてリアップを利用している場合には、おでこにも付いてしまうものですよね。

実は、そんな時に目に入ってしまうこともあるのです。リアップは薬剤なので、眼に入るのは非常に危険です。目の充血が起こることもありますし、炎症が起こってしまったり、腫れてしまったり、といったことも考えられます。しまいには、痒みや痛みといった症状を招いてしまいます。

・リアップが目に入ってしまった時はどうすべきか?

直ぐに目を洗って下さい。目を洗ってしばらくたっても、何らかの不具合が収まらなかった場合には、医療機関でしっかりと診てもらうことが肝心です。

市販されているからといって安心はしないこと

・ドラッグストアで手に入るが医薬品である!

リアップは、ドラッグストアに行けば購入できますよね。サプリメントのように、何も考えずに利用している人も少なからずいます。しかし、リアップはサプリメントではありません。サプリメントは栄養補助食品であり、リアップは第1類医薬品に指定されています。有効医薬成分を含んでいるので、副作用があるものなのです。

医薬品には強い作用があって当たり前なので、市販されているから、と安易に利用しないで下さい。頭皮以外の所に使えば当然大きな副作用を招く可能性もあります。目は特に大事な部位でもあるので対処を誤らないで下さい。

戻る