リアップの副作用【ニキビ・肌荒れ】

リアップの主成分であるミノキシジルには、血管拡張作用があることは、先にご説明しましたが、この血管拡張作用は、別の副作用も引き起こします。

それが、ニキビ肌荒れと言ったお肌のトラブルです。

皮膚の毛細血管が拡張され、血流が増えると、皮膚の成長が促され、皮脂の分泌が促進されます。その結果として、ニキビや肌荒れと言ったお肌のトラブルが発症するのです。

さらに、同様のトラブルが頭皮で起こるとフケが発生します。この場合、フケそのものも問題ですが、フケが発生し、頭皮環境が悪くなり、発毛・育毛に悪影響を及ぼすことが考えられます。

リアップを使い始めた初期段階では脱毛もある

リアップを使い始めて、即座に発毛・育毛効果がある訳ではありません。逆に、初期段階においては、髪の毛が増えるどころか、脱毛が起こることさえあるのです。

これは、上で述べた頭皮環境の悪化によるものだと考えられています。頭皮にニキビや肌荒れ、フケが生じることにより、頭皮環境が悪化し、髪の毛が育つどころか、脱毛が起こってしまうのです。

もちろん、シャンプーなどにより頭皮ケアをマメにすることにより、このようなトラブルは回避することも可能ですが、シャンプーの回数が多くても、頭皮を乾燥させ、逆効果になりますし、少なくても問題があり、非常に注意深く頭皮ケアをする必要があります。

このように、リアップ(ミノキシジル)には、皮膚(特に頭皮環境)に悪影響を及ぼす副作用があることも、注意すべきでしょう。