リアップの副作用【多毛症】

リアップの主成分であるミノキシジルには、副作用があるものの、確かに育毛効果があります。

しかしながら、その育毛効果が髪の毛だけに働けば問題はないのですが、時には、身体のその他の部分の体毛に作用してしまうことがあり、このような副作用は多毛症と言われています。

リアップのような塗布型場合、リアップ(ミノキシジル)を塗布した部分の近くの部分の体毛である、眉毛やひげ、鼻毛、もみ上げが濃くなる場合が多いと言われています。しかし、時には、他の部分の体毛が濃くなる場合もあります。

多毛症が発症するメカニズム

リアップ(ミノキシジル)により、多毛症が発症する理由を理解するには、リアップ(ミノキシジル)が、なぜ発毛効果を持つかを理解する必要があります。

リアップの主成分であるミノキシジルは、血管を拡張させ、血圧を下げる効果があります。その為に、血圧降下剤として開発されていたということは、先に解説しました。

この血管拡張作用は、身体中の様々な部分の毛細血管に起こり、例えば、頭皮の毛根の近くの毛細血管でも起こります。その為に、毛根の近くで血流が良くなり、発毛効果が得られたのです。

しかし、都合よく頭皮の毛根の近くの毛細血管だけに、このような血管拡張作用が起こる訳ではありません。身体中のどの部分であっても同様の事が起こる可能性があるのです。

その為に、身体中の体毛が濃くなってしまい、多毛症が発症するのです。

ちなみに、リアップのような塗布型の場合、塗布した部分に近い体毛(眉毛、ひげ、鼻毛、もみ上げ)が濃くなることが多いのですが、服用するタイプのミノキシジルであるミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)においては、身体中の体毛が濃くなる可能性が高いことが報告されています。