リアップの副作用【局所発熱】

リアップの副作用局所発熱とは、リアップを塗布した部分が温かく感じたり、時には熱く感じる症状です。

リアップの副作用「局所発熱」のしくみ

リアップの副作用である局所発熱はあまり頻繁に起こる副作用ではないようです。しかし、局所発熱が起こった場合には、温かく感じたり、熱く感じる程度ですめば良いのですが、時には炎症を起こしてしまうこともあるという報告がありますので、軽く見てはいけません。

局所発熱のメカニズムとしては、リアップ(ミノキシジル)により、血行が良くなり、その為に塗布した部分が発熱すると考えられています。

少々の発熱は、血行が良くなった証拠なので、発毛・育毛に良いと思われるかも知れませんが、炎症を起こすほどになると、深刻な問題となります。

頭皮の炎症は、頭皮環境を悪化させ、育毛・発毛を阻害するからです。また、炎症を生じているにも関らず、さらにリアップを使用すると、さらに頭皮環境が悪化すると考えられます。

血行が良くなるのは、発毛・育毛に良いのですが、発熱までになると、頭皮環境の悪化を招き、逆効果となるので、注意が必要です。