リアップの副作用【肥満】

リアップの主成分であるミノキシジルによって、体質が変化し、痩せにくく太りやすい体質になることがあります。今までと同じような食事の内容と量なのに、今まで以上に身体に脂肪がつきやすくなってしまうのです。つまり、肥満となってしまうのです。

さらに、運動をしても、体重が減りにくくなるといった症状もみられます。

肥満がストレスとなり、リアップ(ミノキシジル)を使用しているにも関らず、髪の毛が薄くなることも少なくありません。
さらに、肥満はさまざまな成人病の原因となるため、深刻な二次的副作用をもたらす可能性があります。

低血圧と同様に、肥満も軽く見てはいけないリアップ(ミノキシジル)の副作用の一つです。

リアップの副作用「肥満」の原因

リアップの主成分であるミノキシジルは、男性ホルモンに影響を及ぼすと言われています。具体的には男性ホルモンを減少させるといわれています。

男性ホルモンは筋肉を付けるのに必要なホルモンですので、その男性ホルモンが減少することにより、筋肉ではなく、脂肪が身体につきやすくなってしまうのです。

肥満は単に太っただけだと考えず、深刻な2次的副作用のシグナルと受け取り、リアップの使用を止めるなどして、対応することをお勧めします。