女性特有の抜け毛・薄毛対策

今や抜け毛・薄毛の問題は、男性だけの問題ではなくなっています。
女性用のウィッグの売り上げが近年伸びており、女性の抜け毛も深刻な問題となっています。
ですが、女性の抜け毛・薄毛は男性の抜け毛・薄毛の原因は異なり、また対策も異なります。
そんな女性特有の抜け毛・薄毛の原因や、予防、対策法について御紹介します。

女性に特有の抜け毛・薄毛の原因とは?

女性の抜け毛の原因、それは「女性ホルモンの変化」にあります。
女性ホルモンには、髪の毛を維持し、成長させる働きがあります。
そのため、女性ホルモンが減少してしまうと、髪の毛は抜けやすく、しかも育ち難くなってしまいます。

女性ホルモンが急激に変化、特に減少するのは、出産後や、閉経後になります。
妊娠中は、妊娠を維持するために、女性ホルモンが高い状態で維持されているため、出産をすると、高い状態だった女性ホルモンが相対的に減少し、髪の毛が抜けてしまいます。産後の抜け毛は自然に回復することが多いものの、そのまま抜け毛に悩まされている女性もまた多いです。
閉経後は、女性ホルモンがいっきに減少します。さらに産後のように回復することがないので、そのまま抜け毛が増悪していってしまいます。

さらに、女性ホルモンは、女性のライフサイクルが原因だけが原因で減少するわけではありません。
女性ホルモンはストレスに非常に影響を受けやすい性質があります。
女性の男性化が話題となりましたが、それは女性の社会進出によって、よりストレスを抱えやすい環境になっているということです。
仕事や育児、家事のストレスによって女性ホルモンの分泌が低下し、抜け毛を引き起こしています。
さらに、睡眠不足も抜け毛の原因となります。
ホルモンはゴールデンタイムと呼ばれる夜10時〜深夜2時の間に活発に分泌されると言われています。
ところが、夜勤や不規則な生活によって夜にしっかりと睡眠、特にこのゴールデンタイムの時間帯に睡眠がしっかりととれていないと、ホルモンの分泌が十分にされないので、女性ホルモンの分泌不足に陥ってしまいます。
ですから、睡眠不足もまた、抜け毛の原因となります。
このように、女性には女性特有の抜け毛の原因があり、男性の抜け毛の原因とは異なります。
この女性ホルモンの減少にいかにアプローチするかが、抜け毛を改善するために必要なことです。