リアップリジェンヌによるアレルギー系の副作用

リアップリジェンヌの副作用の中には非常に恐ろしいタイプのものもあります。放置しておくと、どんどん症状がひどくなっていき、結果的に発毛剤どころか脱毛剤のようになってしまいかねません。

今回は、リアップリジェンヌによるアレルギー系の副作用についてお話します。実際にどのような成分がどのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか。特に、アレルギー症の方は必見です。

リアップリジェンヌに含まれるアレルギー症状を引き起こしてしまう成分とは

・プロピレングリコール

リアップリジェンヌだけでなくミノキシジル含有の育毛剤の多くに、プロピレングリコールと呼ばれる成分が含まれています。
化学系の物質であり合成されている成分なのです。アルコール系の物となっており、刺激が強いとされています。

プロピレングリコールの主な機能としては、

・防腐効果
・抗菌効果
・保湿効果

などが挙げられます。

リアッピリジェンヌの品質を維持したり、頭皮環境を良くしたりするような機能もあるとされているのです。主に求められる効果としては保湿効果ですが、問題は科学的な物質であることです。一般の育毛剤であれば、保湿機能は天然の植物エキスから得るものです。だからこそ、お肌に刺激が少ないのです。しかし、プロピレングリコールは天然成分ではないので、アレルギーを発症させてしまうリスクが出てきてしまいます。

・どのようなアレルギー作用があるのか?

多いのが頭皮に痒みが発生してしまう、といったものです。痒みが発生してしまうと、かいてしまいますよね。そうするとお肌に傷がついてしまいます。炎症のような状態になってしまうのです。

炎症が起きているお肌はあまり良い状態とはいえません。髪の毛に送られる栄養が阻害されてしまいます。皮膚に送られてしまうような状態になってしますのです。髪の毛の成長に問題が出てしまったり、抜け毛が増えてしまったり、といった状態になりかねません。

リアップリジェンヌのアレルギー作用に対抗する方法とは?

・利用をストップすべし

アレルギーはそう簡単に治るものではありません。最近では、低量のアレルギー物質を体内に入れることで身体を慣れさせる、といった対処方法も生み出され始めていますが、医師の指導のもとで行わなければなりません。

アレルギーは発生するたびにひどくなる可能性もあり、リアップリジェンヌを利用して出てしまった場合は今のところは辞める他ありません。天然成分がメインの育毛剤に切り替えるべきです。