リアップリジェンヌによる不妊の副作用

リアップジェンヌには医薬成分が含まれており、様々な副作用があることも事実です。その中でも注意しておきたいのが妊娠に関わるものです。自分だけでなく、子供にも関わってくるものなので、しっかりと安全を確認しなければなりません。

ここではリアップジェンヌの利用と妊娠移管する副作用について解説します。妊活をしている、といった夫婦は必見です。

ミノキシジル系育毛剤の注意事項に気になる文面あり

「妊婦は触らないように」

ミノキシジルが配合されている育毛剤を幾つか調べてみると、そもそも妊婦からは遠ざけるような書き方がされている事実があります。何かしらの悪い影響がすぐに現れる、といったことはないとは思いますが、危険性はある、といったことが窺い知れるわけです。

注目して欲しいのが「妊婦」に限定しているところです。妊娠している女性がミノキシジルに触れてしまうと、何かしらの悪い作用が出ると、育毛剤を製造している側も認識していることがうかがえます。

アメリカのFDAがミノキシジルを危険視している

・胎児危険度分類・・・C

アメリカのFDAとは、日本の厚生労働省のようなところを指しています。そこでは医薬成分などの安全性を評価しているのですが、「胎児危険度分類」にて、気になることが掲載されているのです。

胎児危険度分類「C」とされているのですが、これは動物実験で問題があるが、人体での危険が認識されていない、といったものです。確かに、いままでは(妊娠している)人体にミノキシジルが影響は与えないかもしれませんが、注意すべきは胎児です。胎児は小さいわけです。ちょっとしたミノキシジルが影響を与えてしまうかもしれません。

健康的な赤ちゃんを奥さんに産んでもらいたい、といった場合には、妊活中だけでもミノキシジル含有の育毛剤の利用はやめたほうが賢明です。

なぜ妊娠中にミノキシジルの利用をやめたほうが良いのか?

・母体の血流に影響を与える可能性あり

男性が使っていたとしても、奥さんと接触することによってミノキシジルが母体についてしまうことがあります。母体にミノキシジルがついてしまうと、母体の血流に影響が出てきます。

子供に栄養を送っているのは血液ですよね。その流れに何かしらの影響を与えてしまう、といったことも考えられるのです。だからこそ、ミノキシジル含有の育毛剤(発毛剤)の利用には注意しなければなりません。