リアップリジェンヌによる乾燥肌の副作用

乾燥肌で悩んでいる、といった方も多いともいます。顔の乾燥肌は多くの肩書にしていると思いますが、実は頭皮が乾燥してしまう、といったことも思ったよりも多いのです。実は薄毛の原因になってしまうこともあるので気をつけなければなりません。

リアップリジェンヌの副作用としても乾燥肌があげられるケースが多いです。こちらでは、リアップリジェンヌと乾燥肌の関係性に迫ります。どのように関連しているのでしょうか。また、有効な対策方法はあるのでしょうか。

リアップリジェンヌで乾燥肌が起こってしまうメカニズム

・アルコール成分が乾燥を促進させてしまう

アルコールは揮発性に優れています。お肌に塗ったりすると、すぐに蒸発してしまいますよね。実はその性質に大きな問題があったのです。

リアップリジェンヌにもアルコール成分が含まれています。塗布すると比較的早い段階で乾いた状態になりますよね。それもアルコール成分のおかげなのです。しかし、その時に頭皮の水分も一緒に蒸発させてしまっています。だからこそ、リアップリジェンヌを利用すると、乾燥肌のような状態になってしまうことがあるのです。

ちなみに、育毛剤にも実はアルコール成分は基本的に含まれています。育毛剤などの性質上、含まれていても仕方がない成分です。

ただし、リアップリジェンヌには一つの問題が加わります。ミノキシジルを含んでいるのです。ミノキシジルは刺激がある成分です。湿疹などを引き起こしてしまうこともあります。

リアップリジェンヌによって頭皮が乾燥してしまうと、お肌は傷つきやすくなります。潤いによってガードされていない状態になってしまうのです。そこにミノキシジルがあったらどうでしょう。お肌が荒れてしまいますよね。

リアップリジェンヌによる乾燥肌の対策法

・育毛剤を利用しよう

育毛剤にもアルコール成分は含んでいますが、それ以上に保湿成分を多く含んでいるのです。アルコールによって乾燥する以上の効果を持っている成分を含んでいるので大きな心配はありません。

育毛剤は基本的に刺激が少ない、といったメリットもあります。発毛剤のリアップリジェンヌとは違い、天然の植物エキスを多く利用しているのです。頭皮に大きな問題を起こしてしまう、といったことも考えにくいわけです。