リアップリジェンヌによる初期脱毛の副作用

リアップリジェンヌを利用するにあたって考えていかなければならない副作用として「初期脱毛」といったものがあります。発毛剤を利用しているのに、髪の毛が生えてくるのではなくい抜けてしまう、といった症状が出てしまうことがあるのです。リアップリジェンヌを利用した方の中にも現れてしまうケースが多く報告されています。

今回はリアップリジェンヌによる初期脱毛についてお話します。

リアップリジェンヌによってなぜ初期脱毛が起こってしまうのか?

・血行が良くなることによって髪の毛のサイクルに変化が現れた可能性あり

髪の毛は血液の流れが良くなると、スムーズに栄養が毛母細胞に送られるようになります。新しい髪の毛が生成されやすい状態になるのです。

髪の毛には、髪の毛が伸びている成長期と、それ以外の休止期や退行期といったものがあります。成長期以外の髪の毛ですが、ミノキシジルを含んでいるリアップリジェンヌの影響によって、新しい髪の毛の成長が急に早くなることがあります。その結果、成長がストップしている髪の毛が抜けてしまい、脱毛量が一時的に増える、といった状態になってしまうのです。

こちらの初期脱毛の原因についてはそれほど心配することはありません。新しい髪の毛がすぐに生えてきます。

・頭皮環境が悪化したことによって髪の毛が抜けてしまう

リアップリジェンヌに含まれているミノキシジルは刺激があります。頭皮環境を悪化させてしまう可能性も指摘されているのです。

ミノキシジルは刺激物となっており、塗布すると炎症を引き起こしてしまうことがあるのです。炎症が起きたお肌では毛もしっかりと生えてきません。栄養が炎症に吸い取られてしまい、髪の毛の成長が阻害されてしまうのです。その結果、大量脱毛が起こってしまい、薄毛が加速してしまうことがあります。

リアップリジェンヌによる初期脱毛を抑えるためにはどうしたらいいのか?

・肌が荒れている時には利用しないこと

最もおすすめなのが、リアップリジェンヌの利用を控える、といったものです。しかし、利用し続けるとなると、肌荒れを起こしている時には利用しない、といったことが有効です。肌荒れを起こしている時に利用してしまえば、さらに悪化させてしまいかねません。肌荒れが治りにくくなってしまうケースも有り、頭皮ニキビがあるような時の利用もやめてください。