リアップリジェンヌに含まれるトコフェロール酢酸エステルの副作用

リアップリジェンヌには見慣れないネーミングの成分が含まれています。それは「トコフェロール酢酸エステル」です、ネーミングを見ても、どんな成分が含まれているのか全くわかりませんよね。

今回は、トコフェロール酢酸エステルについて徹底解説します。果たして、どのようなリスクが有るのでしょうか。リアップリジェンヌの副作用が気になっている方は要チェックです。

トコフェロール酢酸エステルの副作用とは

・大きな問題はないとされる

塗布するだけのことを考えると大きな問題はないとされています。そもそも「トコフェロール酢酸エステル」とは、【ビタミンE】のことを指しているのです。ビタミンを頭皮に塗布しているだけなので、何かしらの問題は起こりにくい、とされています。

ただ、仮にリアップリジェンヌが口に入ってしまうと問題が発生してしまう可能性が出てきます。

・口からトコフェロール酢酸エステルが入るとどうなってしまうのか?

過剰摂取した場合に限定をされますが、

・胃腸の問題発生
・中毒症状の発生
・骨粗しょう症の発生

上記のような恐れがあるとされています。リアップリジェンヌに含まれている程度のトコフェロール酢酸エステルではそこまで心配する必要はありませんが、経口摂取にならないように注意してください。リアップリジェンヌは経皮摂取するものなのです。

また、トコフェロール酢酸エステルにのみ関わることではありませんが、アレルギー性皮膚炎が起きてしまう可能性も指摘されています。利用してから、皮膚に痒みやかぶれといった症状が現れたことがある方は十分に注意してくださいね。

そもそもトコフェロール酢酸エステルにはどんな効果が有るのか?

・血管拡張作用あり

要は、血行を良くする、といった機能が期待されているのです。血管が拡張されることで、髪の毛にスムーズに栄養が送られる状態になります。健康的で太い髪の毛が生えてくる可能性が高まるのです。

・抗酸化作用あり

アンチエイジング的な効果ですが、頭皮の酸化を防ぐことができれば、

・かゆみ
・肌荒れ
・湿疹

上記のような頭皮のトラブルが起こりにくくなります。また頭皮環境が整うことで、頭皮のきつい臭い、といったものも発生しにくくなるのです。

トコフェロール酢酸エステルは基本的にプラス作用のある成分ですが、一応は副作用もある、といったことは頭に入れておくべきです。