リアップリジェンヌに含まれるプロピレングリコールの副作用

リアップリジェンヌには危険性のある成分がいくつか含まれています。その代表格がミノキシジルですが、ミノキシジルに負けず劣らず危険性がある、とされているのがプロピレングリコールです。

こちらでは、プロピレングリコールによって引き起こされてしまうかもしれない症状についてお話します。実際にどのようなリスクが発生することがあるのでしょうか。

リアップリジェンヌのミノキシジルだけに副作用があると思っていた方は必見です。

アレルギーが発生する可能性あり

・赤みなどが出たら要注意

それほど高いリスクはないとされていますが、アレルギー症状のようなものが出るケースが報告されています。リアップリジェンヌを利用して頭皮に赤みが出てしまった経験がある方は、プロピレングリコールによってアレルギー作用が出てしまった可能性があります。十分に注意してください。

アレルギーが出てしまった場合には、利用するたびに頭皮に赤みが発生するような状態になりかねません。育毛とは逆効果を生むことになってしまうので、利用中止を検討すべきです。

他の医薬品と相性が悪い可能性あり

・薬の効能を強めてしまう
・薬の効能を弱めてしまう

プロピレングリコールに関しては、他の医薬品との相性があまり良くない、といった報告もあります。何かしらの医薬品を利用している場合には、その薬の効能に問題を与えてしまうかもしれません。

薬の機能を強めたり弱めたりしてしまうと、薬の効果がよめなくなってしまいます。健康にも大きな被害を与えてしまう可能性もあるので注意してください。

大衆薬であれば問題ないのでは、と思っている方も多いですが、危険性を指摘する声もあるので大衆薬だからといって安心してはなりません。

授乳中や妊娠中の利用はおすすめできない

理由についてはしっかりと示されていないのですが、専門家からもプロピレングリコールの利用は授乳中や妊娠中は良くない、といったことが言われているのです。
母体はもちろんですが、胎児に対しても何かしらの影響があるかもしれないので、プロピレングリコールが含まれているリアップリジェンヌは、授乳中や妊娠中には利用しないでください。

プロピレングリコールの含まれている意味とは?

・医薬品を溶解させるため
・医薬品の溶解をサポートさせるため