リアップリジェンヌの副作用が出やすい人|肝臓と腎臓

リアップリジェンヌの利用者全てに副作用が出るとは限りません。副作用が出やすい方と、出にくい方がいるのです。

今回はリアップリジェンヌの副作用が出やすい方のタイプを、肝臓と腎臓から探っていきます。肝臓や腎臓の調子があまり良くない、といった方は必見です。

そもそも肝臓や腎臓の治療を受けている場合は医師に相談しなければならない

・リアップリジェンヌを利用するに当たり許可がいる

リアップリジェンヌを利用するにあたり、肝臓や腎臓に問題があるという方は医師に相談の上で判断を仰がなければなりません。相談しなければならないということは、何らかの副作用がある、と考えられるわけです。腎臓や肝臓に対してリアップリジェンヌが負担を与えてしまう可能性がある、といった見方もできます。

・どのような副作用が発生してしまうのか?

腎臓や肝臓の機能に負担を与えてしまう可能性が指摘されています。ただ、確実な副作用に関する報告はないので、それほど高いリスクはないのではないか、といったことも見えてきました。

ただ、問題になってくるのは、もともと腎臓や肝臓に問題を抱えている方です。そういったタイプの方は、強い副作用が発生してしまうリスクもあるのです。自分の身を守るためにも、腎臓や肝臓に問題がある方はリアップリジェンヌの利用を控えてください。腎臓や肝臓に問題に問題が発生してしまうと、ずっと治療を受け続けなければならなくなってしまうかもしれません。

腎臓や肝臓が悪いと副作用が出やすくなる!

・血中濃度が高くなってしまう可能性あり

リアップリジェンヌは経皮タイプの育毛剤ですが、皮膚から血中にミノキシジルなどの成分が入り込んでいくことがあります。それらの成分が腎臓で代謝をされて体外に排出されるのです。

そこで問題になってくるのが、もともと腎臓が悪い方です。腎臓が悪ければその代謝機能が衰えているわけです。リアップの成分が血中にとどまり続けてしまい、副作用の発症率が高まってしまうと考えられています。

血管の拡張作用が強く出すぎてしまい、低血圧になってしまう、といったことも有り得る話です。全身の血管が拡張してしまうようなことまであり得ることなので、腎臓の悪い方の利用はおすすめできません。

作用がソフトな天然素材を利用した育毛剤であれば、腎臓が悪い方も肝臓が悪い方も利用可能です。