リアップリジェンヌの副作用|フケが出やすくなるワケ

リアップリジェンヌを利用して発生してしまう可能性がある副作用として「フケ」があります。頭皮環境が悪化することによって発症してしまう症状の一つですが、そのメカニズムがいまいちわかっていないのも事実なのです。

こちらでは、リアップリジェンヌを利用することでなぜフケが出やすくなってしまうのか、といったことについて徹底解説します。

リアップリジェンヌに含まれるミノキシジルに問題があった!

・ミノキシジルにフケを発生あせる原因あり

リアップリジェンヌの中心成分がミノキシジルです。リアップリジェンヌを利用するとなった場合には、必ず利用しなければならない成分でもあります。そんな最重要成分にフケを出してしまう原因がある、とのことで問題はかなり大きくなるわけです。

・ミノキシジルの何がフケを発生させるのか?

ミノキシジルの血管拡張作用に大きな問題があります。ミノキシジルを利用すると血管が拡張して皮膚が赤くなってしまうことがあります。赤くなるとむず痒くなってしまい、あまり頭皮が良い状態とはいえなくなってしまうのです。痒くなるとかいてしまいますよね。あまりに強く書くと皮膚が傷んでしまい、剥がれてしまうような症状が出てきてしまいます。その結果、皮膚がポロポロと剥がれてしまいフケが出てしまうのです。

原因は一つだけではありません。

ミノキシジルによって血管が拡張されると、血行が良くなり皮膚の新陳代謝が良くなります。良いことに思うかもしれませんが、ターンオーバーが過剰反応してしまうことも考えられるのです。短期間で肌の入れ替わりが行われると当然お肌も剥がれるようになります。その結果、フケが大量発生してしまうこともあります。

リアップリジェンヌによるフケを予防するにはどうしたら良いか?

・有効な対策方法はなし

高濃度のミノキシジル系発毛剤を利用しているのであれば、低濃度のタイプを利用する、といった方法があります。たとえば、5.0%でフケが出たとしても、1.0%であればフケが出なくなった、といったケースもあるのです。

しかし、リアップリジェンヌに関しては、濃度は一つの種類しかありません。ですから、種類を変えて低濃度のミノキシジル含有系発毛剤を利用する、といったことは出来ないのです。

フケは頭皮環境の悪化で生まれてしまうものなので、とりあえずリアップリジェンヌの利用をストップしましょう。そして頭皮に良いとされる育毛成分を含んでいる育毛剤を利用するのがおすすめです。