リアップリジェンヌの副作用|貧血

発毛剤には多くの副作用があり、多くの方を悩ませています。薄毛に悩んで利用したのに、かえって副作用の影響で状態が悪化してしまう、といったことも多いのです。

今回はリアップリジェンヌの副作用の一つである貧血について徹底解説します。実際にどのような原因で貧血になってしまうのでしょうか。

リアップリジェンヌで貧血が起こってしまうメカニズム

・血管が拡張する作用があるから

リアップリジェンヌに含まれている成分にミノキシジルがあります。そのミノキシジルが、発毛成分として注目されているのです。

ミノキシジルには血管を拡張する作用があるのですが、実はかなり強い力を持っています。言い方を変えれば、強引に血管を広げてしまうわけです。血管が広がってしまうと、血液量が足りない場合は脳に送られる血液量も少なくなってしまうことになりますよね。血行が良くなれば、毛細血管にも血液が送られるのです。全体的に血液不足になってしまうかもしれません。

その結果、脳に血液量が足りなくなり、ふらふらとして倒れてしまうのです。

ミノキシジルタブレットに出やすい副作用とされていますが、リアップリジェンヌであったとしても、過剰反応してしまう方はいます。貧血が起きないとは言い難いのです。

女性であることもリアップリジェンヌで貧血になってしまう理由になる

・女性は貧血になりやすい

ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがあります。男性は男性ホルモンが多く、女性は女性ホルモンが多いです。実は、そのホルモンの働きには違いがあるのです。

男性ホルモンには造血作用があることがわかっています。ですから、男性は貧血になりにくい、といった特徴を持っています。一方の女性は男性ホルモンが少ないわけですよね。造血作用が得られないので、貧血になりやすくなってしまうのです。

また、生理などがあり、物理的な問題でも女性は男性よりも血液量が足りなくなりやすいです。そんな状態の時にリアップリジェンヌを利用してしまえば、貧血になってしまっても仕方ありません。

リアップリジェンヌで貧血が出てしまった女性はどうするべき?

・天然成分育毛剤を利用しよう

天然成分育毛剤にもセンブリエキスやニンジンエキスなど、血行を良くする成分が含まれています。しかし、それらの成分の効果はミノキシジルに比べるとだいぶソフトなのです。強い作用が出てしまうようなことはないので、安全性が高く貧血になってしまうようなことは考えにくいです。