リアップリジェンヌの副作用~飲酒による気分の悪化~

リアップジェンヌを利用している女性の中に、お酒に弱くなった、と嘆いている方が非常に増えているのです。最近では、お酒を飲む女性も増えてきていますが、リアップジェンヌとの併用は難しい、と指摘され始めています。

こちらではアルコールとリアップリジェンヌの関係性に迫ります。どのような問題が発生してしまうのでしょうか。

相乗効果で問題が発生する

・アルコールにもリアップリジェンヌにも血管拡張作用あり

リアップリジェンヌには、ミノキシジルといった有効成分が含まれています。血行を促進させる機能があり、血管を拡張する作用があるのです。一方で、アルコールを飲むと体が温まりませんか。実はアルコールに関しても、血行を良くする作用があるのです。

仮にアルコールとリアップリジェンヌを同時間帯で利用してしまえば、血管が拡張しすぎてしまう、といった状態になりかねません。血圧が下がりすぎて低血圧になってしまう可能性もあるのです。

低血圧になってしまうと、貧血のような状態になってしまいます。ふらふらとしてしまい、酔いもまわりやすくなって悪酔いが発生することもあるのです。
ひどい場合には、動悸や息切れといった重篤な症状が出てしまうこともあります。アルコールとリアップジェンヌの併用には気をつけなければなりません。

・頻繁に起こる副作用なのか?

可能性としては低いです。そもそも、リアップリジェンヌのミノキシジルの配合量は限られています。低濃度なので、それほど血管拡張作用が強いわけではありません。しかし、ミノキシジルに過剰反応しやすい体質の方は、問題が発生する可能性が出てきます。

アルコールとリアップリジェンヌによる副作用を防ぐ方法とは?

・同時に利用しないこと

たとえば、アルコールをたっぷり飲んだあとにリアップリジェンヌを利用する、といったことは行わないでください。リアップリジェンヌの効力が発揮されている時間帯にはアルコールを身体に入れない、といったことが極めて重要になってきます。

リアップリジェンヌに関しては、効力を発揮している時間が6時間から8時間程度とされています。その時間以内にアルコールを身体に一切いれないでください。お酒を飲んだあとにリアップリジェンヌを利用しない、といったことも大事ですよ。