効かなくなる?リアップリジェンヌの耐性に関する副作用

医薬品は長期間使い続けていると、耐性ができてしまう、といった話があります。耐性とは、その医薬品の効果に体がなれてしまい、効果が得られにくくなってしまう、といった状態を指しているのです。

今回は、リアップリジェンヌに耐性が発生することはあるのか、といったことについてお話します。

もしも耐性があるとしたら、いずれは効果がなくなってしまいかねない、といったことでもあります。リアップリジェンヌとの付き合い方も考えなければなりません。

耐性が出てきてしまう可能性がある

・それほど耐性のリスクは高くはないが・・・

リアップリジェンヌに含まれているミノキシジルには、それほど高い確率で耐性が出てくる、といった話はありません。医薬品お腹では、比較的耐性が出にくいとされているのです。
しかし、必ず耐性が出ないわけではありません。利用を続けていれば、徐々に効果について体がなれてしまい、効果については弱まってしまう、といったことも考えられているのです。

・ミノキシジルの耐性が出てきてしまうとどうなるのか?

ミノキシジルの主な効果は、血管を拡張する、といったものです。ミノキシジルを塗布するとその部位の血管が拡張するのです。
耐性が出てくるということは、血管が拡張しなくなる、といった状態になります。いままでよりも拡張の度合いが下がってしまうような感覚です。

ミノキシジルを塗布すると、血行が高まり髪の毛にたっぷりと栄養が送られていました。それが少量の血液しか送られなくなるので、高い育毛効果が得られない、といった状態になってしまうのです。

・どのくらいの期間で耐性が出てきてしまうのか?

まだ研究段階でもあるので詳しいことはわかっていません。数年間であれば耐性は出ない、と考えられているのです。しかし、10年や20年ともなるとどうなるかわかりません。

リアップリジェンヌの耐性にはどのように対抗すべきか?

・有効な手段はない

耐性については医薬品を利用する上での宿命となっています。確かに、2日に1回や3日に1回といった間隔を開けて利用すれば耐性はできにくくなります。しかし、リアップリジェンヌについては毎日利用することで効果を得ようとするものです。毎日利用しなければしっかりとした効果はありません。

1週間のうち1日や2日だけ血行が良くなったとしても意味はありませんよね。