太った!?リアップリジェンヌの副作用~肥満編~

女性にとって大きなデメリットになりかねないのが、肥満です。女子会が開かれると、必ず「痩せた」「太った」といった話になってしまいますよね。少しでもスリムな体型を維持したいと考えてしまうものです。

女性用発毛剤のリアップリジェンヌにはそんな女性の気持ちと真逆にいってしまうような副作用があることでも知られています。なんと「肥満」を発症させてしまうリスクが有ることがわかっているのです。

今回はリアップリジェンヌの肥満に関する副作用について徹底解説します。

実際に太るのではなくむくみが発生して太ったように見えてしまう!

・ミノキシジルにはむくみを引き起こす可能性あり

ミノキシジルを利用したからといって、脂肪が増えてしまうわけではありません。脂肪は増えないのですが、むくみを発生させてしまう可能性が指摘されているのです。むくみですが、顔がむくんでしまうと、全身が太ったように見られかねません。足がむくんでしまえば、スキニージーンズやホットパンツ、そして短いスカートなども履けなくなってしまいます。むくみも女性にとっては敵なのです。

・なぜミノキシジルでむくみが発生してしまうのか?

ミノキシジルには血管の拡張作用があります。その影響で細胞に水分が流出するといった状態になってしまうのです。新陳代謝が良い人は、たまった水分を排出できます。しかし排出しづらい方は水分が溜まった状態になってしまい、むくみが発生します。

リアップリジェンヌによるむくみの副作用の対処方法とは?

・マッサージを実施すること

むくみが発生している部位は、リンパ液の流れに問題がある可能性が高いです。リンパの流れが滞っていると、どうしてもその部位に老廃物がたまり込んでしまいます。しっかりと排出するためにも、定期的にその部位をマッサージしてリンパの流れを良くしましょう。

・塩分の摂取を抑えること

そもそも、むくみの原因となってしまうものとして、塩分濃度のアップがあります。塩分の高いものが好きな方は、どうしてもナトリウムの濃度を引き下げるために水を溜め込みやすい体質になっています。塩分の摂取量を減らす、といった対策方法もむくみには有効ですよ。

ちなみに塩分を排出できる成分もあります。カリウムという成分であり、野菜などに多く含まれています。野菜をしっかりと食べるようにすれば、ある程度のむくみを抑制できるようになりますよ。