注意!リアップリジェンヌに頭皮環境悪化の副作用

リアップリジェンヌには高い確率で発生してしまう副作用があります。それは、頭皮環境の悪化、といったものです。実は肌荒れを起こしてしまう可能性が指摘されています。

こちらではリアップリジェンヌによる頭皮環境悪化系の副作用について徹底解説します。なぜ利用すると、頭皮に問題が発生してしまうのでしょうか。

リアップリジェンヌに含まれているアルコールとミノキシジルに注意すべし

・アルコールの刺激に肌が耐え切れなくなる可能性あり

アルコールに関しては殺菌作用もあるなど、いろいろと化粧品にも利用されているのですが、濃度が高くなると問題を発生させてしまいます。特に、リアップリジェンヌには高濃度でアルコールが含まれている、といった実態があるのです。

一般的な育毛剤に関しても基本的にアルコールは含まれています。成分表に「エタノール」といった記載があった場合には、それはアルコールです。

アルコールは、お肌に刺激を与えるだけでなく揮発性があるので乾燥をもたらす、といった可能性もあります。もともと乾燥肌の方が利用してしまうと、さらに乾燥肌自体を促進させてしまいかねません。

・ミノキシジル自体にも刺激あり

医薬成分であるミノキシジルにも一定の刺激があります。実際に利用してから急に頭皮環境が悪化した、といった口コミも増えているのです。もともと頭皮の状態が良くない、といった方にはリアップジェンヌの利用はオススメできません。

リアップリジェンヌの頭皮に対する危険性の内実

【リアップリジェンヌで報告されている頭皮トラブル例】
・かぶれ
・赤み
・痛み
・かゆみ
・フケなど

上記のような症状が報告されています。リアップジェンヌの副作用として明らかなのが、塗布した場所だけの頭皮トラブルが発生する、といったことです。塗布しなかった部位には問題が発生しなかった、といった声が多いので、以下に危険性があるかが分かります。

リアップリジェンヌのアルコールによって頭皮の乾燥が加速してしまった場合は、頭皮を守るような機能が一切ない状態です。我々の肌は保湿されて守られているのです。乾燥してしまうと、ちょっとした刺激で赤みが発生します。

乾燥肌で悩んでいる方は保湿機能がしっかりとある一般的な育毛剤で対策とするべきです。何も刺激の強い発毛剤を使って、薄毛のリスクをさらに高めてしまう必要はありません。