熱い!リアップリジェンヌによる頭皮の火照りの副作用

リアップリジェンヌを含んだリアップ系の育毛剤に多い副作用なのですが、あまり有名ではないものがあります。それは、頭皮の火照り、といったものです。頭皮が熱を持ってしまったような感覚に見舞われることがあるのです。

実は多くの方が頭皮の火照りを感じているのですが、それを効果が出ていると感じてしまっているのですが、ちょっとした問題があるのです。確かに、一定の効果が出ているといった考え方もありますが、全くの逆効果であることも少なくありません。

こちらでは、リアップリジェンヌによる頭皮の火照りの副作用について徹底解説します。

リアップリジェンヌで頭皮に火照りが出てしまう原因とは

・血行が促進され、肌が熱を持ってしまう

お酒を飲むと一時的に体が温まってしまう、といった状態になってしまうこともありますよね。お酒を飲むことによって、全身の血行が回復するのです。血液のめぐりが良くなると、体温も上昇します。冷え性とは逆の感覚ですね。

リアップリジェンヌにはミノキシジルといった発毛医薬成分が含まれています。ミノキシジルには血管を拡張する、といった作用があり、塗布した場所を中心に結構が促進されることがわかっているのです。

ミノキシジルによって血行が促進されるようになると、その部位の血液量が増し、結果として熱を持つようになります。その結果、火照りといった感覚が出てきてしまうのです。

こちらの原因の場合は、それほど大きな問題には発展しません。効果が出ている、といった状態を示しています。

・お肌が刺激を受けてトラブルが起こっている

リアップリジェンヌは副作用がある発毛剤です。頭皮の炎症が起こってしまう可能性があるのです。リアップリジェンヌを塗布した部位が赤くなっており、しかも火照りが出ている場合には、明らかな副作用です。早急に利用をストップしなければなりません。

こちらの原因で頭皮の火照りが出ている場合には注意してください。発毛させるどころか、かえって抜けてしまうかもしれません。

火照りにはどう対処すればよいのか?

・自己判断は危険

前述したように、火照りの原因は2つあり、しかもその二つの内容が全く異なっているのです。自分でどちらが原因であるかを把握するのは難しいです。

火照りが出てしまった場合は、継続利用をあまりお勧めできないのが現状になります。

近年ではスースーする成分であるメントールが含まれているものもありますが、気休めの成分にすぎません。ミノキシジルの刺激を抑えるには至らないのです。