男性化!?リアップリジェンヌの多毛症の副作用

リアップリジェンヌを利用することで起こってしまう可能性のある副作用に「多毛症」といったものがあります。多毛症とは全身の毛が濃くなるような状況を指しています。女性でそのような状態になってしまうのは大きなダメージですよね。しかし、リアップリジェンヌで発生してしまう可能性があります。

今回は、なぜリアップリジェンヌを利用すると全身の笥が濃くなってしまうのか、対策方法はないのか、といったことをお話します。

リアップリジェンヌで多毛症が発症してしまう理由

・全身に栄養が送られる状態になってしまうから

リアップリジェンヌを利用するケースですが、基本的には頭皮だけの血管が拡張します。しかし、場合によっては顔全体の血管が拡張したり、その他の部位にまで一定の影響を与えてしまったりする可能性も捨て切れません。

我々は髪の毛だけでなく、全身の毛も栄養が送られて生えてきています。その栄養を送り届けているのが血液です。血管が拡張して、栄養がたっぷりと送り届けられるようになると、基本的に毛が濃くなったり長く成長したりするわけです。髪の毛にそのような状況が生まれれば嬉しいですが、リアップジェンヌに含まれているミノキシジルの効果はかなり高いです。髪の毛以外にも一定の影響を与えてしまうかもしれません。全身に対する多毛症が出てきてしまうかもしれないのです。

男性であれば、ムダ毛が濃くなっても男性だから、と思ってもらえるかも知れません。しかし、女性でムダ毛が濃くなってしまう、というのは大きなダメージです。ひげが濃くなってしまう可能性もあれば、腕の毛や足の毛が濃くなってしまいます。自分自にも自信がなくなってしまいかねないことです。

多毛症の対策方法はないのか?

・リアップリジェンヌを使い続ける限りはなし

リアップリジェンヌには血管を協力に拡張する機能があるので、使い続けるのを前提とする場合には、多毛症のリスクを取り除けません。

おすすめの対策方法としては、育毛剤に切り替える、といったことです。育毛剤にもセンブリエキスやビタミンE、さらにニンジンエキスなどの血行促進作用のある成分が含まれています。しかし、それほど強力な作用ではないので、全身の多毛症を発症させてしまう心配はほとんどありません。

・全身脱毛をする方法もあるが

医療脱毛であれば永久脱毛が出来ます。事前に全身脱毛をすれば、多毛症のリスクは引き下げられますが、場合によっては100万円以上もかかってしまうので、おすすめの対策方法とはいえないのです。