女性用育毛剤【リアップリジェンヌ】が危険なのはなぜ?

女性用育毛剤【リアップリジェンヌ】の主成分は「ミノキシジル」

リアップと言えば、日本で唯一の発毛効果の認められた唯一の発毛剤として、CMでも大々的に宣伝されています。リアップリジェンヌは、その女性用で主成分は男性用育毛剤であるリアップと同じです。

効果の表現に厳しい医薬品の中で発毛効果が認められたと言えるのは、リアップやリアップリジェンヌの主成分であるミノキシジル発毛効果が認められており、第一類医薬品であるからです。

しかし、このミノキシジルが問題なのです。

確かにミノキシジルに発毛効果は認められていますし、実際にAGAの治療にも使われています。しかし、問題はその副作用です。

その証拠として、リアップリジェンヌの使用上の注意には、以下の様に、事細かにリアップリジェンヌの使用に関する注意点が書かれています。

【使用してはいけない人】
・未成年者
・壮年性脱毛症以外の脱毛症の人(円形脱毛症や甲状腺疾患による脱毛症の方は使えない)
・急激な脱毛や髪が斑状に抜けている人(壮年性脱毛症でない可能性が高いため)
・女性

【使用してはいけない部位】
・頭皮のみに使用が可能であり、内服してはいけない。(血圧が下がる恐れがある)
・傷、湿疹や炎症がある頭皮は悪化させる場合がある。

また、以下の方は、リアップリジェンヌの使用に際して医師の相談が必要だと書かれています。

【リアップの使用に際して医師か薬剤師に相談が必要な方】
・家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人
・今までに薬や化粧品によるアレルギー症状(発疹、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある方
・高齢者(65歳以上)の方
・心臓か腎臓に障害のある方
・甲状腺機能障害を患っている方
・むくみのある方

そして、リアップリジェンヌを使用して、次の様な症状が出た場合には、直ちに使用を中止して、医師または薬剤師に相談するように書かれています。

皮膚:頭皮の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、局所発熱
神経系:頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器系:胸の痛み、心拍数の増加
代謝系:急激な体重増加、手足のむくみ

これらの症状は、すなわち、ミノキシジルの副作用なのです。

このような副作用のリスクを冒してまで、リアップリジェンヌを利用する必要があるでしょうか?

リアップリジェンヌを利用しようと思われている方は、もう一度、よく考える必要があるように思われます。