ミノキシジル1%と5%のリスクの違い

ミノキシジル含有の発毛剤として有名なのがリアップです。最初に発売されたリアップのミノキシジル含有量は1%でした。

しかし、1%タイプではあまり効果が出なかったのです。そこで新たに発売されたのが、現在多くの方が利用している「リアップx5」です。最初のリアップよりも5倍のミノキシジル濃度を誇る、5%タイプになります。

そこで気になってしまうのが、副作用です。1%タイプよりも5%タイプのほうが副作用は出やすいのでしょうか?危険なのでしょうか?

ミノキシジルの濃度が高くなればなるほど副作用のリスクは高まる!

・1%タイプのミノキシジル発毛剤の副作用発症率・・・約5%
・5%タイプのミノキシジル発毛剤の副作用発症率・・・約10%

※大正製薬によって発表されている数字です。

1%やイプのミノキシジルであれば、副作用が起こるのは20人のうち1名程度なのです。しかし、5%タイプになると、一気に10人のうち1名に副作用が起こるような状態となってしまいます。

10%弱といった結果ですが、この割合を高いと感じるでしょうか。低いと感じるでしょうか。

そもそも考えて欲しいのが、リアップは外用薬であるということです。塗布型なので、カラダに与える影響は少ないはずです。主に頭皮にだけ影響をあたえるのをイメージして作られているのです。

一方で、内服薬(経口薬)に関しては、全身に影響を与えます。その場合は、副作用が多く出るのが一般的です。例えば、風邪薬を飲んで、眠くなったことがありませんか?

内服薬は副作用が出やすく、外用薬は副作用が出にくいといった特性があるのです。

・約10%の副作用発症率は高い、と判断すべき

血行に多少の影響を与えて薄毛を改善させる、といったことを主眼においているリアップで、10%近い副作用率は高い、と判断すべきです。身体に大きな負担を与えてしまうことも考えられます。

医薬品の副作用に関しては、長く使っていれば改善されるわけでもありません。カラダに大きな負担を与え続けて、大きな健康被害が起こってしまうかもしれないのです。

そもそもミノキシジルでは死者が出ている

・3名の死亡例あり

開発段階になりますが、ミノキシジルの研究中に3名が死亡した例が報告されています。副作用が少しでも出た場合には利用は中止すべきです。

副作用が続いているのに利用を続けてしまうと、後遺症が残ってしまうかも知れず、非常に危険です。

未成年者がリアップを使ってはいけない理由

リアップは基本的に20歳以上の方が利用することを想定しています。そもそも、未成年者が利用してはいけない、としているのです。そこで考えてしまうのが、なぜリアップは未成年者が使ってはいけないのか、といったことです。

こちらでは、20歳未満の方がリアップを利用してはいけない理由に迫ります。

そもそもリアップには未成年の利用についてどのような記述をしているのか?

【使用上の注意】
してはいけないこと
中略
(3)未成年者(20歳未満)

以上のようなことが記載されています。リアップ位は20歳未満の方は絶対に利用してはいけない、といった決まりが設けられているのです。パッケージ上に書かれていることで、未成年者の利用を厳禁としていることがわかります。

リアップが未成年者の利用を禁じている理由

・医薬成分を使っている

リアップにはミノキシジル、と呼ばれている血管を拡張する作用のある成分を利用しています。医薬成分なので非常に強い作用を持っているのです。成人であれば、それらの副作用に対する影響はある程度限定的となるのですが、仮に思春期のようなまだ身体が成長しきっていない時期に利用してしまうと、より強い副作用にさらされてしまうかもしれません。だからこそリアップの未成年の利用は禁じられているのです。

・そもそも未成年者の薄毛の原因が男性型脱毛症ではないこともある!

ミノキシジルの効果ですが、一般的には男性型脱毛症に対するものです。他にも血行不足によるびまん性脱毛症にも効果を発揮するとされています。

10代の場合ですが、まだAGAが発症していない可能性が高いです。100%ありえないわけではありませんが、20歳未満でAGAになる方は圧倒的に少ないのです。さらに、血行不良による薄毛の可能性も少ないです。そもそも、若い時は血行が良いものですからね。

仮にミノキシジルが入っているリアップを使ったとしても薄毛が治るわけではない、といったこともリアップを未成年が利用できない理由に入ってきます。

未成年で薄毛に悩んでいるのであれば、まずは生活習慣を観直してください。睡眠時間を確保する、といった方法もおすすめです。10代の薄毛の原因はストレスであるケースも少なくありません。ストレス解消にもっとも有効なのが睡眠です。寝だめといったことはせずに、毎日平均的に一定以上の睡眠時間を確保してください。利用は1日あたり6時間から7時間の睡眠です。未成年なので8時間程度寝ても構いません。

リアップが65歳以上の方におすすめできない理由

リアップですが、未成年者にお勧めできないことは広く知られています。そもそも副作用が非常に出やすい、といったことが懸念されているのです。また、未成年で男性型脱毛症を発症する確率もそれほど高くないので、リアップを利用しても意味が無い、といった考え方があります。

一方で、リアップについては高齢の方もあまりお勧めできない、といったことを知っているでしょうか。実は、65歳以上の方の利用は好ましくない、とされているのです。

こちらではリアップが65歳以上の方にお勧めできない理由についてお話します。

ミノキシジルの作用が強く出てしまう可能性が高い

・血圧の薬を飲んでいる方が増えてくるため

仕方のないことですが、高齢になるとどうしても血圧が高めになってしまいます。高血圧を引き下げるための薬を利用している、といった方もいるかもしれません。実は、その薬とリアップの効果の相性が非常に悪いのです。

リアップに含まれる有効成分である「ミノキシジル」ですが、もともと血圧降下剤として開発されました。血管を拡張する作用があるのです。血流を良くすることで、髪の毛にたっぷりと栄養が送れるようになります。その結果、髪の毛が生えてくる、といった仕組みを持っています。

しかし、血圧の薬を飲んでいると、効果が効きすぎてしまうこともあるのです。血圧を降下させる作用が強く出すぎてしまい、結果的に低血圧のような状況になりかねません。確かに、飲むタイプの薬ではないので、それほど強い作用が出るわけではありませんが、副作用の確率がアップすることは確かなので、なるべく利用は控えるべきです。

どうしてもリアップを使いたい場合はどうすればよいのか?

・必ず医師に相談すること

かかりつけ医などにリアップを利用しても平気かを相談してください。基本的に高血圧の薬を利用していなかったり、血管や心臓に問題がない、といった方であれば利用可能です。

ただ、年齢的に副作用が出やすい、といったことも覚えておいたほうが良いです。医薬品を飲んでいなかったとしても、低血圧の症状や不整脈が出てきてしまう、といった報告も多くあるのです。

頭皮に問題が出てくる可能性も高くなってしまいます。年齢が高くなると、お肌の保湿機能が弱まってしまうのです。乾燥しているお肌にリアップのような刺激の強いものが塗布されてしまうと、どうしてもお肌の状態を悪化させてしまいます。

リアップに耐性はあるのか?

リアップx5の副作用に入るテーマであるかは分かりませんが、こちらでは耐性について詳しくお話します。そもそも、医薬品には一定の耐性、といったものがあることも知られています。

耐性とは、その薬剤が使い始めた頃に比べて効きにくくなるといったことを指しています。その結果、どんどん強い薬剤に手を出してしまうわけです。最初は有効成分が5ミリグラムであるもので聞いていたのが、10ミリグラムでなければ効かなくなり、さらに20ミリグラムでなければ効かなくなる、といったことも多く報告されています。

リアップに含まれるミノキシジルの耐性はまだ分かっていない

・耐性があるとも、ないとも言われている

実は、専門家によっても意見がわかれている非常に難しい分野なのです。もちろん、すべての薬剤に耐性があるわけではありません。耐性がないとされる医薬成分があることも事実です。

しかし、ミノキシジルに関しては、途中から全く効かなくなってしまった、といった声が多いのです。そもそも、リアップの利用は1年間や2年間継続して利用することが求められています。仮に耐性があるとすれば、その1年間や2年間のうちに効果が現れなくなってしまうことも十分に考えられます。

ミノキシジルに頼りきる育毛・発毛では、いずれ耐性が出てくる!

・リアップの弱点にメスを入れる

リアップは、有効成分ミノキシジル以外には、ほとんど育毛や発毛に役立つ成分を含んでいません。ミノキシジルの一点突破で育毛・発毛を達成しよう、と考えているわけです。

しかし、あなたの薄毛の原因が血行不良でないかもしれません。男性型脱毛症でもないかもしれません。そんなケースでは、いくらリアップを使ったとしても薄毛は回復しませんよね。

確かに、血流がいままでより良くなれば、髪の毛が太くなる、といった実験結果もあります。しかし、血流が回復したからといって、その他の薄毛の原因が改善されなければほとんど目に見える効果が出ないのです。

実は、リアップで多くの方の薄毛が改善されない秘密がそこにあります。

発毛剤のリアップではなく、育毛剤の利用を計画しましょう。育毛剤にも血行を促進させる作用があります。さらに頭皮環境を整えたりする機能まで含んでいますし、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼを阻害する能力をも秘めているものさえあるのです。

育毛剤には様々な能力が秘められており、それこそ耐性が指摘されることはありません。一面突破のミノキシジルタイプの発毛剤よりも、大きな期待が持てるのが育毛剤です。

リアップ購入の煩わしさ

発毛剤のリアップは多くの方が利用しています。確かに医薬発毛成分が含まれており、臨床試験でも良い結果が出ていますが、結果が出ていない人もかなり多いのです。

さらにリアップには大きなハードルがあります。それは購入に関するものです。

リアップを購入する手段は限られており、煩わしさを感じる方が少なくありません。ここでは、リアップ購入時に感じることについてお話します。これからリアップを購入しよう、と考えている方はぜひ参考にして下さい。

購入できる場所が限られている

・薬局(ドラッグストア)で販売されている

市販されているのであれば、購入はしやすいのではないか、と思うかもしれません。しかし、リアップは第1類医薬品に設定されているのです。発毛有効成分のミノキシジルが入っているおかげで、医薬品として認定されているので、気軽に購入できるものとはされていないのです。

・第1類医薬品は薬剤師が居ないと購入できない

マツモトキヨシやセイムスなど、各種ドラッグストアで販売されているリアップですが、いつでも購入できるわけではありません。実は、第1類医薬品は薬剤師が居なければ販売されないのです。

第1類医薬品をドラッグストアで購入した経験がある方ならわかると思いますが、ずっと薬剤師がいるわけではないのです。大手のマツモトキヨシでさえ、時間帯によっては、薬剤師が居ないこともあるのです。そんな状況の時に買い物に行ってしまえば、リアップの購入はできません。

薬剤師から質問されることになる

「心臓の病気はありませんか?」
「血圧の病気はありませんか?」
「心臓関連の薬か血圧関連の薬を服用していませんか?」

上記のような質問を何個かされることになります。これは買い出しに行く度に行われるので、非常に煩わしさを感じてしまいます。

薬剤師としても好き好んで説明しているわけではなく、義務で行っているに過ぎません。

また、上記のような質問をされるということは、それだけ副作用の危険性があるといったことの証明でもあるわけです。危険性がなければ、聞く必要はないわけですからね。

発毛剤(育毛剤)を店舗で購入・・・恥ずかしい気持ちはありませんか?

・薄毛を気にしているのが知られてしまう

対面販売の悪いところですが、プライバシーや恥ずかしさ、といったものが考慮されない部分があるのです。特に、発毛剤に関しては引け目を感じてしまうこともあります。

実際にリアップの空箱をレジまで持っていくことが出来なかった、という方も居ます。

リアップには副作用以外にも、様々なデメリットが有ることは覚えておくと良いでしょう。

リアップをやめるとリバウンドするのか?

リアップを使用していると、髪の毛が増えてきたり、髪の毛が維持できたり、といった効果が生まれることもあります。そんな効果があった時に、途中でやめてしまうとどうなってしまうのでしょうか。

リバウンドしてしまうのでしょうか。それとも維持されるのでしょうか。

ここではリアップを途中でやめてしまうとどんな状態になってしまうのか、といったことを解説します。

リアップを辞めれば当然リバウンドしてしまう!

・有効発毛成分のミノキシジルは食べ物でもカバーできない

リアップの有効成分は、ミノキシジルです。血圧降下剤として作られた過去を持っています。具体的な効果としては、血管を拡張する、といったものがあるのです。血管を強制的に広げて、血流を改善させます。

リアップの利用をやめてしまえば、当然薄毛は進行してしまいます。ミノキシジルの効果が得られなくなるからです。仮にミノキシジルが自然界にあり、食べ物からでも補給できれば、維持できる可能性はあります。しかし、ミノキシジルは自然界にあるような成分ではありません。製造されて作り出されている医薬成分なのです。

一般的に手に入るものではないので、リアップの利用をストップすれば、当然、薄毛は進行することになります。

・リバウンドといってもどれくらい薄くなるの?

男性型脱毛症は進行性のものでもあります。リアップを利用する前の時の薄毛の状態よりも、激しくリバウンドしてしまう可能性があるのです。発毛剤を使っていない時の状態に戻ることになるのですが、リアップを使う前より当然薄くなります。

一度使ったらやめられないのがリアップ

・コストも考えて利用するか考えるべき

リアップの利用は副作用のリスクもあれば、効果が出ることによるマイナスもあるのです。今回、お話しているリバウンドはまさに後者のテーマとなります。国内でミノキシジル含有の発毛剤はリアップしかありません。リアップでしか、リアップで生えた髪の毛は維持できない、といった状況になってしまうのです。

リアップx5の価格は1本あたり7,000円から8,000円程度です。使う前に、しっかりと考えてから判断して下さい。

効果がなかったら利用をストップすること

・薄毛の原因は男性型脱毛症だけではない

リアップは男性型脱毛症に特化した機能を持っています。びまん性脱毛症(血行不良による脱毛症)にも効果があるとされていますが、基本はAGA治療薬なのです。

効果がなかったということは、あなたの薄毛の原因はAGA以外にあるのかもしれません。